ここから本文です

キャサリン妃、おしゃれなプリントワンピで連続ヒット!

Movie Walker 7月12日(火)14時49分配信

「オフショルダーのドレスが新鮮」と久しぶりにファッションで褒められたキャサリン妃が、今度はスタイリッシュなプリントのワンピースでウィンブルドン観戦席に登場し、またもや絶賛の声を浴びている。

【写真を見る】またも売り切れ?キャサリン妃の夏らしいワンピースが話題

アンディ・マレーが優勝したウィンブルドン男子シングルスの決勝戦は、英国の政財界、ショービズ界の著名人たちが一同に集まり、華やかな観客席となったが、中でも特に人々の注目を集めていたのがアレキサンダー・マックイーンのファッショナブルなワンピースで夫のウィリアム王子と共に現れたキャサリン妃。

白地に小さな花や宝石、蝶、頭蓋骨などの柄が全身に施されたワンピースはいかにも夏らしく涼しげで、トレンドもしっかり押さえたシックなデザイン。このワンピースは同ブランドの2016年プレフォールコレクションからの一枚で、値段は2300ポンド(約30万7千円)だそうだ。キャサリン妃はレイバンのサングラスをこのワンピースに合わせて、アンディ・マレーに声援を送っていた。

英紙デイリー・メールのサイトには「キュートなワンピース。すごく素敵」「私もこのワンピース大好き!でも2300ポンドは払えない」「エレガントでトレンディ。プリンセスにぴったり」「でもテニスの試合を座って見るのにこんな高価なワンピースはもったいないと思う」「ウィリアム王子がいつもの退屈な紺のジャケットを着ていないのがいい」などの読者コメントが寄せられている。【UK在住/MIKAKO】

最終更新:7月12日(火)14時49分

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。