ここから本文です

グレート・サスケが語る増田寛也氏「岩手での12年生かせる」

デイリースポーツ 7月12日(火)9時19分配信

 プロレスラーで元岩手県議員のザ・グレート・サスケが12日、日本テレビ系「スッキリ!」にVTRで出演し、都知事選立候補を表明した元岩手県知事の増田寛也氏について、「(岩手県知事時代に)ものすごい改革をやられているので」その手腕に期待を寄せた。

 サスケは2003年に岩手県議に当選。そのときに知事だった増田氏からは、議会でのマスク着用に待ったがかかるなど、因縁浅からぬ相手でもある。結局、議会用に露出を多くしたマスクを被ることで増田氏も納得したといういきさつがある。

 そんな増田氏について、サスケは「当時、行財政構造改革プログラムというのを断行しておりまして、県の予算をドンドンと減らしていっていた。ものすごい改革をやられていたので」と、公共事業費3割カットを掲げ、職員数や人件費削減に取り組んだ実績を高く評価した。

 岩手県知事時代は一極集中を批判してきた増田氏だけに、「岩手で経験した12年を逆に東京都政で生かすことは全然可能だと思う。地方から見た中央、東京から見た地方を視野に入れながら都政を運営して」と、その手腕に期待を寄せていた。

最終更新:7月12日(火)9時33分

デイリースポーツ