ここから本文です

ニトロプラスの取締役にネルケプランニング・松田誠氏が就任、“2.5次元”や三次元へのメディアミックスを強化

ファミ通.com 7月12日(火)17時22分配信

●魅力的なメディアミックス展開を目指す方針
 ニトロプラスは、2016年7月1日に開催した臨時株主総会において、同社取締役に、ネルケプランニング代表取締役会長である松田誠氏が選任されたことを発表した。

 ネルケプランニングは、ミュージカル『テニスの王子様』を始めとした舞台作品の制作・プロデュースや声優のキャスティング、イベント企画などをおもに行う会社。同社から松田氏が取締役に就任することにより、ニトロプラスは自社コンテンツの舞台化・実写化といった、いわゆる二次元キャラクターから“2.5次元”および三次元へのメディアミックスを強化する方針で、「お客様のニーズに対して、即応するスピードと想像を超えるクオリティを提供するべく、より魅力的なメディアミックスの展開を目指してまいります。」(ニュースリリースより)とのことだ。

 なおネルケプランニングは、ニトロプラスのコンテンツである『刀剣乱舞-ONLINE-』のミュージカル版の制作を担当。今後はどのような形でニトロプラスコンテンツのメディアミックスが進められるのか、注目していきたい。

●松田誠氏コメント
この度、ニトロプラスの取締役に就任いたしました松田と申します。日本の誇るべきコンテンツとエンターテイメントの可能性を追求し世界に向けて発信すべく邁進してまいりたいと思います!宜しくお願いいたします!

【プロフィール】
株式会社ネルケプランニング 代表取締役会長/一般社団法人日本2.5次元ミュージカル協会 代表理事/演劇プロデューサー
代表作は、ミュージカル『テニスの王子様』、劇団EXILE、『ロックオペラモーツァルト』、ミュージカル『黒執事』、ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」、ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」ミュージカル『刀剣乱舞』ほか。演劇以外にも多方面で新しいエンターテイメントを仕掛けている、日本のステージコンテンツビジネスにおけるトップランナーのひとり。

最終更新:7月12日(火)17時22分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。