ここから本文です

「Pokemon GO」、DAUがTwitterに迫る勢い──SimilarWeb調べ

ITmedia ニュース 7月12日(火)7時45分配信

 米国などで7月6日に公開された「Pokemon GO」の日間アクティブユーザー数(DAU)が、Twitterのそれに迫る勢い──。イスラエルのWeb解析企業SimilarWebは10日(現地時間)、このゲームに関する解析結果を発表した。

米国のGoogle Playの無料ゲームランキング

 なお、SimilarWebが定義するDAUは、対象とするアプリを毎日利用するユーザーの、米国の全Androidユーザーに占める割合を示す。つまりこの場合、全米のAndroidユーザーの中で、Pokemon GOを毎日使うユーザーの割合が、Twitterを毎日使うユーザーの割合に迫っているということになる。

 Pokemon GOは、米NianticがPokemon Companyおよび任天堂と共同開発した、iOSおよびAndroid向けの無料モバイルゲーム。Nianticの拡張現実ゲーム「Ingress」とポケモンを融合したもので、拡張現実世界でポケモンを探したり、交換やバトルが楽しめる。

 本稿執筆現在、米国のApp StoreおよびGoogle Playの両方のゲームランキングで首位にある。

 SimilarWebによると、Pokemon GOは8日の段階で全米のAndroid端末の5.16%にインストールされており、ダウンロードしたユーザーの6割以上が毎日アクセスしているという。米国の全Adnroidユーザーの約3%が同ゲームで毎日遊んでいることになる。

 8日時点の1日当たりの平均利用時間は43分23秒で、WhatsApp、Instagram、Snapchat、Messengerよりも長いという。

 Pokemon GOは、米国、オーストラリア、ニュージーランドでの公開直後にアクセス過多でサーバがダウンし、予想以上の人気で日本を含む他国での公開が遅れている。また、教会内がポケストップ(ポケモンを獲得できる場所)になって信者以外が殺到したり、ポケストップを悪用する窃盗が発生するなど、トラブルも起きている。

 同ゲームの米国での人気を反映し、任天堂の株価は高値を更新している。

最終更新:7月12日(火)8時27分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]