ここから本文です

日本ハム・栗山監督が大谷を「1番・投手」で起用した理由

デイリースポーツ 7月12日(火)11時0分配信

 どんな策が飛び出すか。日本ハム・栗山英樹監督(55)の起用法は読めない。特に大谷翔平投手(22)の登板日は、スターティングメンバーが発表されるまで地に足が着いていないような気がする。

 誰もが驚いたのは7月3日のソフトバンク戦、「1番・投手」での出場だろう。かつて、某球団でスタッフがメンバーを書き間違え、先発予定ではなかった投手が先発したことがあったが、メンバー表に目を通した時、この手の間違えではないかと思ったりもした。

 もちろん、栗山監督はガチで1番で起用。この采配が見事に的中。初回の初球に大谷が放った本塁打で勝った。投手の初回先頭打者弾は日本野球界史上初だった。

 投手が1番打者として出場するのは、71年のヤクルト・外山義明以来。栗山監督は、実はこの事例を知っていたという。「俺は野球おたくだからね。歴史の中であった出来事の、いろんなアンテナを張っておくと、(采配の)ヒントが出てくるんだよ。結構、面白い事例があるんだよ」。記録担当もびっくりの野球知識。日本球界で大谷以前に2度あったことも知っていたというのだから、恐れ入る。

 昨年オフ、栗山監督が北海道の住居にしている栗の樹ファームに行った。驚いたのは往年の日本選手、メジャー選手のグッズやユニホーム、バットが飾られていたことと、野球に関する書物がびっしりと並んでいたこと。大の野球愛好者を自認するのもうなずける。

 「1番・投手」について、栗山監督は「だいぶ前から考えていたんだ」と言っていた。「もちろん過去の事例で1番で使ったことがあるのは分かってたから。『何で監督はこんなことをやったのか』というのを考えたりはするよね。いろいろ出てくるんだよ。面白い事例があって、勉強になるよね。やってみて、正しいか正しくないか分からないけど、後悔はしたくないからね」

 それではソフトバンク戦で実行に移したのはなぜか。まず打撃好調の大谷を、できるだけ多く打席に立たせたいという狙いがあった。しかし、ただでさえ体に負担のかかる二刀流。やみくもに1番に入れられるわけではない。

 「どこに入れたら負担がかからないか。その前後の打者との兼ね合いを考えて、どの打順が点を取れるか。体の状態も当然、考えている」

 チームが勝つためのベストの布陣を考え、大谷の体の状態を見極め、その上で1番での起用に踏み切った。コーチやトレーナーと入念な打ち合わせをしているからこそできたことだ。

 スターティングメンバーが出て誰もが目を疑った「1番・投手」。栗山監督が練りに練った作戦だった。(デイリースポーツ・水足丈夫)

最終更新:7月12日(火)11時7分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]