ここから本文です

台湾との交流促進 友好協、福島で総会

福島民報 7月12日(火)11時26分配信

 ふくしま台湾友好協会の役員会と総会は11日、福島市のザ・セレクトン福島で開かれ、一層の交流拡大を誓った。
 会員ら約40人が出席した。会長を務める渡辺博美福島商工会議所会頭が「震災後に台湾からは温かい支援を受け、復興のきっかけとなった。助け合う気持ちは大きな力になる」とあいさつした。
 議事では台湾経済・観光に関するセミナーの開催などを盛り込んだ平成28年度の事業計画を決めた。同協会理事の江明清台湾観光協会東京事務所長が「日台観光交流について」と題して講話した。
 引き続き、懇親会が開かれ会員同士が交流を深めた。同会副会長の高橋雅行福島民報社社長が出席した。

福島民報社

最終更新:7月12日(火)11時34分

福島民報