ここから本文です

国家代表選抜で裏金… 水泳連盟の元幹部に懲役7年求刑=韓国

WoW!Korea 7月12日(火)14時52分配信

水泳国家代表選手の選抜および大韓水泳連盟の人員選任の過程で、数億ウォン(数千万円)の裏金を受け取った容疑で起訴された韓国水泳連盟の元幹部チョン・イルチョン被告に、検察は懲役7年と追徴金4億4000万ウォン(約4200万円)を求刑した。

 ソウル中央地検審理で12日に開かれた結審公判で、検察は「地位を利用して持続的に水泳連盟人員の人事や国家代表監督推薦権などに影響力を行使し、選手のトレーニング費を横領して個人的に使用した」とし、このように求刑した。

 また、選手のトレーニング費10数億ウォン(約1億円)を横領し、個人的に使用した容疑(特定経済犯罪加重処罰法上横領)がもたれているイ某被告には懲役7年と追徴金4億2000万円(約4000万円)を求刑した。

 なお、チョン被告らに対する宣告公判は、来る8月19日午前10時30分に開かれる。

最終更新:7月12日(火)14時52分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。