ここから本文です

元トリオの秋山、馬場、板倉が“コンビ組みチン”山本の争奪戦回想

お笑いナタリー 7月12日(火)13時11分配信

昨日7月11日、東京・神保町花月にて「Netflix『火花』Presents『Third SPARK~ドラマ火花が絶対観たくなるLIVE~』」が実施され、ロバートとインパルス板倉がゲスト出演した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

ゲストコーナーに登場した4人は、かつてトリオだったロバート秋山、ロバート馬場、インパルス板倉の解散秘話を明かす。板倉は当時のトリオでツッコミを担当していたが、養成所の講師に「ツッコミがなあ……」と言われ続けボケに転身。その後の「壮絶な博(ロバート山本)争奪戦」について、誰とでもコンビを組む山本を「組みチン」と揶揄しながら振り返った。

「きつかった仕事」をテーマにしたトークでは、ロバートがゲレンデの中腹にてスキー中級者が滑り降りる中でネタをさせられた営業や、馬場が風呂で漏電を浴び続けたロケなどを回想。今では漏電事件のときに馬場が無意識でしていた不自然なポーズを「マジでやばいときのサイン」にしているという。板倉も相方の堤下を実験台に「人は極寒の地で眠ったら本当に死ぬのか」「心霊スポットで写真を撮りまくったら呪われるのか」などを検証する無謀なロケでの出来事を語り、来場者は「えー!」と驚きつつ芸人たちの滑稽な姿を想像して笑い声を漏らした。

Netflixオリジナルドラマ「火花」の配信スタートを記念して実施されてきたこのイベントは、今回で最終回。ゲストコーナーのほか、「火花」に出演している井下好井・好井、とろサーモン村田、ラフレクランきょんが撮影中を振り返り、ドラマの大ファンであるキクチウソツカナイ。が8話から10話までの見どころを短くまとめてプレゼンした。

(c)2016YDクリエイション

最終更新:7月12日(火)13時11分

お笑いナタリー