ここから本文です

<志村けん>スカパラに限定加入 かっこよすぎる三味線披露に「ほれちゃや~よ」

まんたんウェブ 7月12日(火)21時17分配信

 タレントの志村けんさんが、「東京スカパラダイスオーケストラ」(スカパラ)に期間限定で加入し、三味線を演奏しているウェブムービーが12日、公開された。志村さんは、趣味で三味線の腕を磨いてきたといい、「KEN from EVM」名義で参加しており、「音楽のジャンルが違うから、今回のようなコラボレーションはなかなか見られないし、だからこそ絶対面白い。話がきたときはすごくうれしかったです。ぜひ、お楽しみください。ほれちゃや~よ」とコメントしている。

【動画】志村けんがスカパラに加入 かっこよすぎる三味線演奏姿

 「KEN from EVM」のEVMは、「East Village Mountain」という意味で、直訳すると東村山市となり、志村さんの出身地に由来する。ウェブムービーでは、スカパラと紋付袴姿の志村さん、津軽三味線奏者の上妻宏光さんが、タレントのさかなクンとコラボしたことでも話題となった曲「Paradise Has No Border」を演奏している。

 志村さんの加入は、キリンの缶チューハイ「氷結」のプロモーションの一環で、ウェブムービーのほか、テレビCM「あたらしくいこう 志村けん」編が同日から全国で放送されている。

最終更新:7月12日(火)21時19分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。