ここから本文です

海外の韓国語教育機関 「世宗学堂」へのブランド統合を推進

聯合ニュース 7月12日(火)15時20分配信

【世宗聯合ニュース】韓国の文化体育観光部と教育部、外交部は12日の閣議で、海外での韓国語教育の効率性と専門性を高めるため、各国で運営されている韓国語教育機関の「世宗学堂」へのブランド統合を進めることを決めた。

 現在、海外の韓国語教育機関として文化体育観光部が「世宗学堂」(57カ国・143か所)を、教育部が「韓国教育院」(17カ国・39か所)を、外交部が「ハングル学校」(117カ国・1875か所)をそれぞれ運営または管理している。

 今後、韓国教育院は実施する韓国語講座で必要に応じて世宗学堂の教材を使用したり、世宗学堂から教員の派遣を受けたりする。ハングル学校は海外の韓国系が自発的に設立・運営していることから、現状を維持しつつ、学校側が世宗学堂への転換を希望する場合は審査を経てこれを認める方針だ。

 この3機関の教員や関係者の研修も、文化体育観光部が毎年行っている「世界韓国語教育者大会」に来年から一本化する。

 また、海外でのこうした韓国語教育のコントロールタワー役を担う協議体を下半期に構成し、11月に初会合を開く予定だ。

最終更新:7月12日(火)15時23分

聯合ニュース