ここから本文です

トヨタ、豪州に MIRAI を試験導入…市販実現に向け路上走行を開始

レスポンス 7月12日(火)16時0分配信

トヨタ自動車は7月12日、豪州の生産・販売事業体であるToyota Motor Corporation Australia Ltd.(TMCA)に、燃料電池自動車(FCV)『MIRAI』3台を試験的に導入すると発表した。

[トヨタ MIRAI]

トヨタは、今年末に移動式水素ステーションを導入し、本格的にMIRAIの路上走行などを開始する。この移動式水素ステーションは地上据え付けのほか、トラックの荷台に据え付けて運ぶこともでき、様々な場所でMIRAIの燃料補給が可能になる。

MIRAIは現在、米国カリフォルニア州、日本、欧州各国で販売されているが、豪州では水素ステーションの整備が進んでおらず、一般販売されていない。

TMCAのデーヴ・バトナー社長は、「我々は燃料電池技術に高い関心を持っているが、実際に豪州で販売できるようにするにはインフラ整備が必要だ。そのため、業界全体が一丸となり、極力早く、インフラ整備の計画を進めることが重要だと考えている」と語った。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:7月12日(火)16時0分

レスポンス