ここから本文です

【競馬】“函館の鬼”手掛けた腕利き厩務員 ニホンピロバロンでG1初V目指す

デイリースポーツ 7月12日(火)12時30分配信

 梅雨の終わりが近づき、いよいよ夏本番到来-。毎年、この時季に必ず思い出す1頭の競走馬がいる。今週末に行われる函館記念を3連覇(05~07年)したエリモハリアー(セン16歳、元栗東・田所秀孝厩舎)だ。現在、函館競馬場で誘導馬として活躍中。管理していた田所秀孝調教師は「乗馬苑(センター)で子どもたちにもかわいがってもらって、元気で丈夫にやっているみたい」と近況を語っていた。

 同馬を含め、JRA平地同一重賞を3連覇したのは、セカイオー(56~58年鳴尾記念)、タップダンスシチー(03~05年金鯱賞)、マツリダゴッホ(07~09年オールカマー)、ゴールドシップ(13~15年阪神大賞典)の5頭のみ。その偉業も評価されたのだろう。先日、発表された「函館を駆けた名馬ベスト10」でハリアーは第4位と高い支持を集めた。

 「G1を勝ってないのに、そうやって選んでもらえるのはありがたい」とほおを緩めたのは、担当だった谷中康範厩務員だ。1位ゴールドシップ、2位ナリタブライアン、3位サッカーボーイなど、ほかの9頭は全てG1馬。それだけ、ハリアーが函館で見せた熱い走りが感動を呼び、人々の心に深く刻まれている証拠ではないだろうか。

 「初めて勝った(05年)函館記念が一番印象に残っているよ」

 田所調教師と谷中厩務員は、そう声をそろえる。「直前の巴賞(1着)は本田くん(本田優現調教師)が乗っていたけど、ウチには所属ジョッキーの北村浩平(現調教助手)がいたから。オーナーに“乗せたい”って頼んだんだ。弟子と勝った重賞だし、はっきり覚えているよ」と指揮官が話せば、谷中厩務員は「初めて担当馬が勝った重賞でね」と当時を懐かしんでいた。

 翌06年の函館記念で連覇達成。同年札幌記念5着後、朝日チャレンジC(現チャレンジC)に向けて調整中に屈腱炎を発症し、約10カ月間の休養を強いられた。復帰戦となった07年巴賞は最下位の11着。「もう駄目か」-。そんな周囲の“雑音”を一掃したのが、7番人気で制した自身3度目の函館記念だった。

 「巴賞後はハードトレというか、調教師の指示で長めに乗ったり、調教量を増やしたりしていた。それにしても、函館はよほど水が合うんだろうね」と谷中厩務員も感心するほどの快走劇。その後、再び勝利することはなかったが、史上初の函館記念3連覇で、今年開設120周年を迎えた同競馬場の歴史に名を刻んだのは間違いない。

 田所厩舎は今年、ハリアーで果たせなかったG1初勝利に挑戦する。京都ハイジャンプで重賞初Vを飾ったニホンピロバロン(牡6歳)。障害戦に転向後、6戦5勝、2着1回で勝率8割、連対率10割を誇る将来性豊かなジャンパーで、年内の大目標は中山大障害(12月23日・中山)制覇。同馬を担当するのも谷中厩務員だ。

 「自分から進んで(障害を)飛ぶし、タフで長い距離も大丈夫。前走も余力残しで、障害ではまだ底を見せていない。ぜひ、年末はG1を獲りたいね」。

 今年は10数年ぶりに、北海道に出張しない可能性が高いという同厩務員。函館にいる“相棒”に会えない夏は寂しくもあるが、その分、秋以降に待つ大きな仕事に全力投球するつもりだ。今週末の函館記念でも、誘導馬を務める予定のエリモハリアー。ともにかなえられなかったビッグタイトル奪取に向け、陣営が懸命に取り組む姿を追い掛けていきたい。(デイリースポーツ・大西修平)

最終更新:7月12日(火)12時58分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]