ここから本文です

<ロバート山本>「ピカチュウの言葉分かる」 20年のポケモン愛語る

まんたんウェブ 7月12日(火)23時2分配信

 お笑いトリオ「ロバート」の山本博さんが12日、東京・台場のショッピングモール「デックス東京ビーチ」の期間限定イルミネーション「お台場イルミネーション“YAKEI”~デックス20周年記念 ポケモンVer.~」の点灯式に、バラエティー番組「おはスタ」(テレビ東京系)に出演しているマルちゃんこと木内舞留さんとともに登場。山本さんは、16日に公開される人気ゲーム「ポケットモンスター」(ポケモン)の最新劇場版アニメを、すでに観たといい、「俺みたいにポケモンを20年間見続けてきたら、ピカチュウの言葉が大体分かるようになるんだよ」とポケモン愛を語って木内さんを驚かせた。

【写真特集】ポケモンも登場!「お台場イルミネーション“YAKEI”~デックス20周年記念 ポケモンVer.~」点灯式

 この日は、ゲームの誕生から20周年を迎えるポケモンの最新劇場版アニメ「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z『ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ』」(湯山邦彦監督)と、同じく20周年となる同施設とのコラボイベント「夏休み!ポケモンピカピカフェスティバル」の一環で開催するポケモンバージョンのイルミネーションの点灯式。山本さんは、「おはスタ」のポケモンコーナー「おはスタポケモン部」の部長を務めるほどのポケモン好きとして登場した。

 イベントには、部員の木内さんのほか、ピカチュウと、最新作に登場するポケモン「ボルケニオン」も登場した。ポケモンが誕生した20年前には「まだ生まれてない!」と笑う木内さんは「20年後は34歳だ。何になってるかな」と目を輝かせ、「夢は女優さんなの。応援してね!」と、観客に呼び掛けていた。

 「お台場イルミネーション“YAKEI”~デックス20周年記念 ポケモンVer.~」は、通年点灯している全長約200メートルにわたる樹木イルミネーションのポケモンバージョン。歌手のYUKIさんが歌う同作の主題歌「ポストに声を投げ入れて」に連動して輝き、光と音で映画の世界観を楽しめる。また、イルミネーションと東京湾を一望できるスポットに、ポケモンと写真を撮ることができる「ピカチュウ&マギアナのハート型フォトスポット」が登場する。8月31日まで。

 映画は、人気ゲーム「ポケットモンスター」の劇場版アニメ19作目。旅をするサトシたちの前に突然、空から大きなポケモン・ボルケニオンが現れ、サトシとボルケニオンはなぜか不思議な鎖でつながってしまい、超カラクリ都市「アゾット王国」にいる人造ポケモン「マギアナ」を助け出すことになり……というストーリー。

最終更新:7月15日(金)17時47分

まんたんウェブ