ここから本文です

千鳥がかわいい超巨弾戦記ギャグアニメ「信長の忍び」、10月放送開始が決定

ねとらぼ 7月12日(火)11時24分配信

 第0話が公開されていたアニメ「信長の忍び」のテレビ放送が、10月から開始されることが決定しました。

【原作コミックスは9巻まで発売中】

 原作は重野なおきさんが「ヤングアニマル」で連載中の“忍びの目から見た戦国”を描く4コマ漫画。主人公の少女忍者・千鳥役は「ご注文はうさぎですか?」のチノ役などで知られる水瀬いのりさん、織田信長役に羽多野渉さん、羽柴秀吉役に山口勝平さん、帰蝶役にたかはし智秋さん、お市の方役に三森すずこさん、ねね役に釘宮理恵さんらの出演が決まっています。

 中学校社会科の教員免許を持つ作者による、逸話やうんちくがちりばめられた史実の沿ったストーリーが、かわいらしく描かれたキャラたちによりテンポよくコミカルに展開することが話題の同作。Twitterなどでは早くも期待の声が上がっています。

 監督は「浦安鉄筋家族」「神様はじめました」「とんかつDJアゲ太郎」などの大地丙太郎さん。キャラクターデザインは「名探偵コナン」「ReLIFE」の山中純子さん。アニメ制作はトムス・エンタテインメントです。

最終更新:7月12日(火)11時24分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。