ここから本文です

【セレクトセール】また里見氏がディープ当歳最高額! ダイヤモンド全弟2億8000万円

デイリースポーツ 7月12日(火)13時23分配信

 「セレクトセール2016 2日目当歳馬」(12日、北海道苫小牧市ノーザンホースパーク)

 世界が注目する日本最大の競走馬セリ市の2日目は、この春に生まれたばかりの当歳馬が対象。

 「イルーシヴウェーヴ16」(牡)が、ディープインパクト産駒としては当歳馬最高額となる2億8000万円(税抜き)の値をつけたのに続き、今年のダービー2着馬サトノダイヤモンドの全弟「マルペンサ16」(牡)も同じ2億8000万円で落札された。落札したのは、ともに『サトノ』の冠名で知られる里見治氏(セガサミーホールディングス株式会社代表取締役会長兼社長)。この時点で初日も合わせて税抜きで合計11億円超を投資している。

 なお、ディープインパクト産駒の過去最高額は11年セレクトセール1歳で3億6000万円(税抜き)の値をつけたラストグルーヴ(牝、グローブエクワインマネージメントが落札)。同馬は1戦1勝のまま引退して、繁殖牝馬になった。

 日本国内セリの史上最高価格馬は06年セレクトセール当歳のディナシー(牝、父キングカメハメハ、母トゥザヴィクトリー)で、グローブエクワインマネージメントが6億円(税抜き)で落札した。同馬はデビューすることはできず、繁殖牝馬となっている。

最終更新:7月13日(水)7時17分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ