ここから本文です

【シードリング・後楽園】奈七永が前歯飛ばして里村に激勝!

東スポWeb 7月12日(火)16時40分配信

 女子プロレス「シードリング」の高橋奈七永(37)が11日の20周年記念興行(東京・後楽園ホール)で、センダイガールズの里村明衣子(36)から“節目”のフォール勝ちを収めた。

 高橋は世志琥(22)とタッグを組んで里村、DASH・チサコ(27)組と対戦。「女子プロレス界の両横綱」と称されるライバル・里村にトペ・スイシーダを見舞うなど躍動した。

 20分手前、里村の猛攻にさらされた高橋はデスバレーボムを浴びて窮地に。前歯が吹き飛ぶほど追い込まれた。それでも世志琥のカットで命拾いすると、ダイビングセントーンのアシストを受け反撃に転じる。首折り弾から、最後はワンセコンドEXで3カウントを奪ってみせた。

 衝撃の決着に納得がいかない里村は「高橋、次、シングルやらせろ」と雪辱戦を要求。だが、これに世志琥が「高橋奈七永が出る幕もないですよ」とかみついたことで、センダイガールズ30日の横浜ラジアントホール大会で里村と世志琥の一騎打ちが決定した。

 両者の抗争勃発をヨソに貫禄を見せつけた高橋は「20年ですけど、まだまだ(山の)麓です。私はもっともっと頂上に登っていきたい。もっとワクワクする戦いをお見せしていきたい」と決意表明。さらなる精進を誓った。

最終更新:7月12日(火)16時40分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]