ここから本文です

韓国首相 THAAD配備に「国会同意必要ない」

聯合ニュース 7月12日(火)17時1分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国の黄教安(ファン・ギョアン)首相は12日、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の韓国配備をめぐり国会の批准同意が必要だとする主張について「国防部が検討したところ、THAAD配備問題そのものは国会の(批准)同意などは必要でないとの報告を受けた」と述べた。

 国会予算決算特別委員会の全体会議に出席した席で、与党セヌリ党の朴明在(パク・ミョンジェ)議員から国会の批准と国民投票に対する見解を尋ねられ答えた。

 朴議員が「北が非核化を宣言すればTHAADの韓国配備を中断するのか」と尋ねると、黄首相は「今は北に変化を促す段階で、その後に北が非核化を宣言してから判断する問題」と述べた。

 また、「北の核能力が高度化しているため、今の段階では北の核による挑発に対する対応が重要だ」と強調した。

最終更新:7月12日(火)17時42分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。