ここから本文です

日産「GT-R」17年モデル発表 発売以来最大規模のデザイン変更、性能向上

ITmedia ビジネスオンライン 7月12日(火)12時30分配信

 日産自動車は、スポーツカー「NISSAN GT-R」の2017年モデルを7月27日に発売する。2007年の発売以来最大規模というエクステリア/インテリアのデザイン変更を施した上、走行性能も向上させたという。960万840円(税込)から。

【上質感を高めたインテリア】

 4月に国内先行披露した新モデル。フロントからリヤまで大幅にデザインを変更し、フロントグリルは開口部の拡大により冷却性能を向上させつつダウンフォースも維持。サイドはサイドシル前部を張り出させることで空気の流れを改善した。リアはシンボルのリング型テールランプを採用しながら、空気の流れを改善するデザインを取り入れている。

 インテリアは、高級本革を使ったインストルメントパネルなどで上質感を演出。パドルシフトはステアリングホイール固定タイプに変更し、手を離すことなくシフトチェンジできる操舵角領域が拡大した。

 3.8リットル24バルブV6ツインターボエンジンは、高効率の追求で高出力と燃費性能を同時に向上。GT-R NISMOの技術を採用した気筒別点火時期制御の採用でノッキングの発生を抑え、燃費を損なわずに最高出力419キロワット(570PS)/6800rpm、最大トルク637N・m/3300~5800rpmを発生させる。

 駆動方式は4WD、変速方式はデュアルクラッチトランスミッション(DCT)。

 価格(税込)は、「GT-R Pure edition」は996万840円、「GT-R Black edition」が1186万9200円、「GT-R Premium edition」が1170万5040円。

最終更新:7月12日(火)12時30分

ITmedia ビジネスオンライン