ここから本文です

韓国・経済人連合会長、選手村を訪問し”五輪善戦”を祈願

WoW!Korea 7月12日(火)17時11分配信

韓国・全国経済人連合会のホ・チャンス会長は12日、リオデジャネイロオリンピック出場を前に、汗を流している国家代表選手と指導者を応援するため、泰陵(テルン)選手村を訪問した。

 大会開幕を控え、泰陵選手村を訪問したホ会長は、キム・ジョンヘン大韓体育会長、チェ・ジョンサム選手村長と会談し、「リオ五輪は南米で開かれる初めてのオリンピックという意味深い大会であるだけに、4大会連続での世界10位内の成績を達成し、苦しい経済状況で厳しい生活を強いられている国民に勇気と希望を与えてほしい」と選手らの善戦を祈願した。

 また、ホ会長は練習場にも足を運び、最終段階のトレーニングに励むウォン・ジョンシク、ユン・ジニ夫妻をはじめとする重量挙げ選手と面会し、「重量挙げは1948年ロンドン五輪で史上初の五輪メダルを獲得して以降、継続して好成績を挙げている種目の中のひとつ」と強調し、「ウォン・ジョンシク選手が2014年に負傷し長い期間、バーベルを持つことができなかったにも関わらず、積み重ねた努力でリハビリに打ち克っただけに、リオ五輪では後悔のない試合ができるよう願っている」とエールを送った。

最終更新:7月12日(火)17時11分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。