ここから本文です

鳥越氏 立候補表明に古賀氏が飛び入り応援 元経産官僚、以前から支援約束

デイリースポーツ 7月12日(火)14時51分配信

 ジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)が12日、都内で東京都知事選(14日告示)に立候補すると正式に表明した。当初、立候補が取りざたされていた元経済産業省官僚の古賀茂明氏(60)が会見に飛び入りで登場し、応援を確約した。

 鳥越氏は猪瀬直樹元都知事、舛添要一前都知事が「政治とカネ」を巡る問題で辞職に追いやられたことを受け、「納税者意識ということをしっかり胸に受け止めて、もし私がその場に立つことになったら仕事をしていきたい」と明言。待機児童や介護の問題を例に「日本に横たわっている問題にお金をつかって経済を良くしていこうと言っています」など大枠の指針を語った後で、古賀氏が登場した。

 古賀氏は「鳥越さんとは前から応援をしていただいていた」と強調。「同じ九州経験だし、同じ病気(がん)も経験いたしました。鳥越さんにここに至る前に選挙していただけないんですか、というお願いをした時に、『おれは出ない』と言われ、出る時は応援しますからという話をさせていただきました」と以前から応援する態勢をとっていたと明かし、がっちり握手をした。

 鳥越氏は、都知事立候補を決めたのが11日の夕方だったと明かし、「枠組みはありません。私は東京都の市民、あらゆる市民と連合し、手を組み、選挙も戦いたいと思っています。野党連合とか、野党統一であるとかではなく、市民と一体となる」と市民の代表として立つと訴えた。

最終更新:7月12日(火)15時4分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。