ここから本文です

NAPAC 富士スピードウェイ 走行会、参加者を募集 9月14日開催

レスポンス 7月12日(火)21時15分配信

日本自動車用品・部品アフターマーケット振興会(NAPAC)は、一般ユーザーを対象とした「第22回 NAPAC走行会 in 富士」を9月14日、富士スピードウェイで開催する。

NAPAC走行会は毎年春と秋の年2回、富士スピードウェイレーシングコースを会場に開催する、幅広いユーザーを対象としたサーキット走行会。点検・整備の上、高速走行が可能なナンバー付き車両を対象に、約100台の参加者を募集する。

当日は、恒例のプロドライバーによるチューンドカーの同乗走行体験会や、NAPAC会員16社による「アウトレットセール」を同時開催。さらに2016年度エンドレスレディも来場し、イベントを盛り上げる。さらに走行会終了後は、NAPAC会員協賛メーカーの豪華賞品が当たる抽選会を開催する。

走行会は入場無料(別途富士スピードウェイ入場料1000円要)。参加費は通常料金が1時間2万1000円、2時間3万9000円。早期割引やリピーター割引も用意する。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:7月12日(火)21時15分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。