ここから本文です

DeNAと京都銀行も株価好調 任天堂株のこうかはばつぐんだ

ITmedia ビジネスオンライン 7月12日(火)13時5分配信

 7月12日午前の株式市場で、DeNA(東証1部)と京都銀行(同)が好調だ。DeNAは前日終値2566円から12日始値は2650円を付け、9時台に2684円と年初来高値を更新した。京都銀行も続伸し、前日終値648円から+38円(+5.86%)の686円で前引けを迎えた。両社とも任天堂株式を保有しており、「Pokemon GO」の快進撃で任天堂が大幅高になっているのが材料になったようだ。

【任天堂関連株の情報をもっと見る】

 DeNAと任天堂は2015年に業務・資本提携し、DeNAは任天堂株を175万9400株(発行済株式数の1.24%)取得。京都銀行も任天堂株を588万株(発行済株式数の4.15%)を保有する。

 任天堂はスマートフォン向け新作ゲーム「Pokemon GO」を7月6日より各国で順次配信。既に配信が始まっている米国で「アクティブユーザー数がTwitterに迫る勢い」と報じられるほどのヒットを受け、株価は8日から大幅続伸。11日に年初来高値を更新したが、12日も午前に2万1850円を付け、更に上回った。

 日本でのサービス開始時期はまだ正式に告知されていないが、大ヒットを期待するユーザーや投資家の注目が集まっている。

最終更新:7月12日(火)13時5分

ITmedia ビジネスオンライン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]