ここから本文です

オーストラリア韓国映画祭 来月10日にシドニーで開幕

聯合ニュース 7月12日(火)18時57分配信

【ソウル聯合ニュース】オーストラリアの6都市を巡回して行われる第7回オーストラリア韓国映画祭が来月10日に開幕する。シドニー韓国文化院が12日伝えた。

 同映画祭は韓国映像資料院とシドニー韓国文化院が共催する。オープニング作品はチョン・ジウ監督の「4位」(原題)が、クロージング作品はイ・ジュンイク監督の「ドンジュ」(原題)が選ばれた。

 映画祭期間中は、チェ・ドンフン監督の「暗殺」(原題)、リュ・スンワン監督の「ベテラン」、ヨン・サンファ監督の「釜山行き」(原題)など計20作品が上映される予定だ。

 映画祭の開幕式には「4位」のチョン監督と主演のパク・ヘジュン、イ・ハンナが出席する。

 イ・ジュンイク監督は17日に上映会場を訪れ、「ドンジュ」や「王の運命-歴史を変えた八日間」の製作秘話を語る予定だ。

 映画祭はシドニー(8月10~18日)、ブリスベン(8月23~29日)、メルボルン(9月1~8日)、キャンベラ(9月3~4日)、アデレード(9月15~18日)、パース(9月22~25日)の順に開かれ、サムスンのオーストラリア法人が後援する。

 今月18日から始まるチケット予約など詳細については映画祭のホームページ(http://www.koffia.com.au)を参照。

最終更新:7月12日(火)21時13分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。