ここから本文です

東尾理子が「石田純一病」告白!?平穏な朝に安堵もお疲れぎみ

東スポWeb 7月12日(火)19時9分配信

 タレントの石田純一(62)の妻で、プロゴルファーの東尾理子(40)が12日、自身のブログで平穏な日常を取り戻したことを報告した。

 東尾は「7月12日、朝」と題してブログを更新。三輪車にまたがり、長男・理汰郎君と同じポーズで笑顔を見せる石田の写真を掲載し「主人にゆっくり会うのは1週間振りでしょうか」「朝ごはんを食べながら、いつもの光景」とつづり、理汰郎君が石田の耳元でささやく写真には「理汰郎は嬉しそうに、昨日の出来事を主人にこそこそ話しで報告してます」とキャプションを添えて「いろんな景色があるけど、この景色、私は好きです」と記した。

 前日11日に石田が都知事選への出馬を断念する会見を開いたことで、先週末から騒がしかった石田家にようやく平穏が訪れたようだ。

 もっとも、夫の出馬騒動に振り回された理子はお疲れぎみで「そんな私、流石に今日は疲労で一日中ダラダラ…『夏バテ?』って聞かれて、思わず返した言葉が、『いや、石田純一病』!」と答えたそうで「迷わず出てきたこの病名 言った自分で笑ってしまいました」とほほえましい家族の様子を紹介。そして「病名にしちゃってごめ~ん」と夫にフォローする理子のブログの行間には、安堵感が漂っている。

最終更新:7月12日(火)19時9分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。