ここから本文です

[芸能]韓国バラエティー番組の米国版 11月から放送へ

聯合ニュース 7月12日(火)21時2分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国のKBS第2のバラエティー番組「スーパーマンが帰ってきた」(原題)の米国版が制作される。

 KBSによると、米国版の番組名は「Breaking Dad」で、米制作会社のCSSPRが制作を担当する。今月中旬に撮影を開始し、11月から放送する予定。

 KBSとCSSPRは昨年9月に番組のフォーマットに関するライセンス契約を結んだ。当時、 CSSPRは「スーパーマンが帰ってきた」について、「父親と幼い子どもの成長の物語で、米社会に必要な家族という価値を扱っている。これまで米国にはなかった形のリアリティー番組だ」と評価した。

最終更新:7月12日(火)21時17分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。