ここから本文です

サブちゃん 八王子ソング制作プラン 市制100周年を歌で祝う 「8人の王子を登場させよう」

デイリースポーツ 7月12日(火)16時10分配信

 歌手・北島三郎(79)が、33年間在住する東京都八王子市が来年市制100周年を迎えるにあたり結成された「八王子100年応援団」の応援団長に任命され12日、同市内での発足式に、団員の歌手・北山たけし(42)、競泳五輪メダリストの田中雅美(37)らと出席。団長として「100周年記念の八王子の歌」を制作するプランを明かした。

 北海道から18歳で上京したが、これまでの人生で一番長く暮らしているのが八王子。「最近は北海道より八王子のことを言われるよ」と愛着のある土地での今回の大役。「自分ができることは歌」と話し「何か100周年に合わせて、みんなで歌える作品ができればいい」と自ら切り出した。

 楽曲のイメージにも、70万人が訪れる同市の夏祭りを例に出し「お祭りの伝統を守る大人たちに、若い人たちが加わっていくような。幅広い世代の人が一緒に盛り上がれる、楽しい楽曲にしたい」と、自身の代表曲「まつり」のような大勢が盛り上がれる「八王子版まつり」をイメージ。歌詞も「八王子の名前から、8人の王子を登場させようか」と具体的なものまで明かした。

 歌だけでなく「みんなで盛り上がれるイベントもやればいい。うちの近くの公園もあるしな」と、世代を超えた人たちが集まるイベントも提案。「地元だけでなく、他のところから来た人に、何か楽しいお土産を持たせることができる。そんな街にしたいね」と団長らしく熱く語っていた。

 また、団員の北山は「100周年記念曲のカップリング曲は、僕が歌います」とこちらも歌での支援を約束した。

最終更新:7月12日(火)16時26分

デイリースポーツ