ここから本文です

HKT穴井千尋 ラストあいさつ全文 素直じゃなかったのにファンは優しい

デイリースポーツ 7月12日(火)16時24分配信

 福岡を拠点に活動するアイドルグループ・HKT48の「夏のホールツアー2016~HKTがAKB48離脱?国民投票コンサート~」が11日、福岡サンパレスホールで開催された。福岡を皮切りに全国9か所を巡るツアー初日のこの日は、1期生として5年間、HKTをひっぱってきた穴井千尋(20)のラストステージとなった。穴井はファンに涙ながらに感謝の言葉をささげ、応援に感謝した。8月から留学する予定という。穴井のあいさつ全文は以下の通り。

 「今、すっごく寂しいですけど、すっごく幸せです。(会場拍手)こうして今こんな気持ちになれるのも…5年間、辛いことも楽しいこともほんとにたくさんあったけど、今振り返ればすべてが宝物だなって思えます。今日こうして、大好きなメンバーたちに囲まれながら、そして大好きなファンに見守られながらこんな素敵なステージでラストステージを迎えることができてすっごく嬉しいです」

 「私のファンだったりHKTのファンの皆さんは本当に優しい方ばかりで…私は頑固なところがあったり、素直じゃない部分もたくさんあったと思うけど、ファンの方を困らせてしまったりしたこともたくさんあったと思いますけど、でもファンのみなさんは私の後ろをちゃんとついてきてくれて、いつも全力で応援してくれて、いつも支えてくれました」

 「そんなみなさんがいたから、今の私がいる。本当に感謝しています。ありがとうの一言じゃ全く伝わらないかもしれないけど、本当に1人1人にありがとうって言いたいです。HKTに入ってキャプテンになってすっごく幸せだったし、私はHKT48が、ファンの皆さんが、私のことを成長させてくれたんだと今は思います」

 「そしてHKTに入ってわかったのは、1人じゃできないけど、たくさんの支えだったり仲間がいることで、達成することができることがあるということを学んだし、みんな頑張り方や努力の仕方は違うけど、花が開くタイミングも人それぞれ違うけど、地道に頑張っていれば必ずどこかで自分のことを見てくれてる人が必ずいるということを知りました。私のことを見つけてくれて本当にありがとうございます」(会場拍手)

 「HKT48にはほんとうに可愛くて優しくて元気なメンバーがたくさんいます。そんなメンバーを見ながら私もここまで頑張ってくることができました。メンバーのみんなにも本当に感謝しています。私はHKT48に入ったことも卒業することも後悔していません。やっぱり、ステージ上のこのキラキラした景色がほんとに大好きで、ステージに立っていれば私も少しは輝けるかなと思いながらやってきました」

 「すごく5年間楽しかったし、これから不安なこともたくさんあるけど、この5年間を思い出せば、どんな辛いことも私はやっていける、乗り越えられるとそう信じています。これからみんなとは違う夢に向かって違う道を進んでいくけど、変わらず大きな夢をもってまた少しずつ前に進んでいきたいと思いますので、これからも穴井千尋の応援とHKT48の応援をしていただけると嬉しいです。よろしくお願いします」

最終更新:7月12日(火)16時51分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。