ここから本文です

【函館記念】1番人気馬の複勝率は過去10年で3割…「穴狙い」に徹した方が得策

東スポWeb 7月12日(火)21時55分配信

【函館記念(日曜=17日、函館芝2000メートル)過去10年ワンポイント】過去10年の単勝1番人気は〈1・2・0・7〉。複勝率30%ではまったく信頼に価しない。2番人気の〈2・1・2・5〉はまずまずとしても、3番人気も〈2・0・1・7〉では「穴狙い」に徹した方が得策かもしれない。

 ステップ別では4勝、2着5回、3着3回の巴賞組が圧倒的なのだが、ここにきて衰退傾向。近2年に至っては一頭も馬券に絡んでいない。ちょっと前までは前哨戦の役割を果たしていたが、流れ的にはむしろ軽視すべきレースになってしまったのか。一方で3か月以上出走間隔が空いていた馬の馬券絡みも一度もない。

 今年は天皇賞・春、またはエプソムC経由の中に穴馬が潜んでいる可能性が高いとみるが…。

最終更新:7月12日(火)22時24分

東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。