ここから本文です

井岡一翔、激スパー公開 V3戦まであと8日

デイリースポーツ 7月12日(火)17時3分配信

 「ボクシング・WBA世界フライ級タイトルマッチ12回戦」(20日、エディオンアリーナ大阪)

 ボクシング史上最速の世界3階級制覇王者でWBA世界フライ級王者・井岡一翔(27)=井岡=が12日、大阪市内で同級6位・キービン・ララ(21)=ニカラグア=と行う3度目の防衛戦に向け、練習を公開した。

 試合まであと8日にもかかわらず、元世界ランカーのパブロ・カリージョ(コロンビア)を相手にした5ラウンドのスパーリングは激しい打ち合い。一翔はボディー打ちから、顔面へのコンビネーションで何度も相手をのけぞらせた。

 昨年大みそかにフアンカルロス・レベコ(31)=アルゼンチン=を返り討ちTKOに仕留めV2を達成。連戦続きの疲労を考慮され、今回はプロ入り最長ブランクとなる7カ月ぶりの試合になる。

 「仕上がってきている。残りの日数、気を抜かずにやれば完ぺきに仕上がる。打って打たせないボクシングを見せる。ボクシングの美しさを見せたい。7カ月で心身ともリラックスできたし、全体的に底上げができた。確実にパワーも上がっている。試合がしたくてウズウズしている」と充実感を漂わせた。

 完勝でクリアし、大みそかに描く統一戦へ向かうのがプラン。「試合を組み立てて、流れでチャンスが来たら逃さず仕留めたい」と連続KOを宣言した。

最終更新:7月12日(火)18時7分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]