ここから本文です

HKT48松岡はな大号泣 9・7発売新曲でセンター抜てき

東スポWeb 7月12日(火)22時6分配信

 アイドルグループ「HKT48」全国ツアーの福岡公演2日目は12日、福岡サンパレスで行われ、8枚目のシングル曲の発売と、松岡はな(16)のセンター抜てきが発表された。

 重大ニュースはアンコールで突如告げられた。8枚目シングルの9月7日発売、そして選抜メンバー16人の発表。最大の衝撃は単独センターに松岡が選ばれたことだ。3月末発足のチームTIIに研究生から昇格したばかり。選抜入りこそ2回目となるが、これまでHKT48の単独センターは兒玉遥(19)、田島芽瑠(16)しか務めたことがないので、先輩たちを一気にゴボウ抜きした形だ。

 発表とともに松岡は動揺からか顔を何度も左右に振って大号泣。「はなですか…。どうしよう」と現実を受け止めきれない様子だったが、次第にしっかりしてくると「頑張ります!」と拳に力を込めた。

 この日は、前日(11日)に卒業コンサートを行ったチームH前キャプテン・穴井千尋(20)が2階席から見守った。後継として初陣に臨んだ新キャプテン・松岡菜摘(19)は「円陣の掛け声で『レッツ』と言うのに『せえの』が交じって『せっつ!』になっちゃった」と新しい役職にまだ戸惑っているようだ。

 また、11人の4期生(平均年齢15・5歳)が初めてお披露目された。個性的なあいさつをする新人が多い中、「夢は宇宙人と友達になること」と宣言して会場をどよめかせた、福岡出身の高校3年生・小田彩加(17)に注目したい。

 4期生は2曲を披露。緊張の初パフォーマンス終了後に安堵したのもつかの間、指原莉乃(23)から“重大発表”が。HKT48の先輩メンバーと一緒に4期生が22日(高知)、28日(鳥取)にコンサートデビューすることに。「じょ、状況がのみ込めない…」とフリーズする4期生たちだったが、指原は「そうでしょ。AKSってこういうとこあるから」と言い放った。新しもの好きの博多っ子に支持されて、人気アイドルになるか。

最終更新:7月12日(火)22時39分

東スポWeb