ここから本文です

ジャズトランペッター黒田卓也、新作にceroコラボトラック

音楽ナタリー 7月12日(火)18時47分配信

ニューヨーク在住のジャズトランペッター・黒田卓也がアルバム「ジグザガー」を9月2日にリリース。今作にボーナストラックとしてceroとのコラボトラック「ジグザガー rework with cero」が収録される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

2014年、日本人アーティストとして初めてUSブルーノートと契約し、ホセ・ジェイムズプロデュースのアルバム「ライジング・サン」でメジャーデビューした黒田卓也。レーベルをコンコードミュージックに移し発表する2年半ぶりのアルバムは、自身のレギュラーバンドのメンバーと作り上げたセルフプロデュース作品だ。黒田とceroは昨年10月に東京・Billboard Live TOKYOでコラボライブを開催するなど親交が深く、今回のボーナストラックはアルバムタイトル曲「ジグザガー」のオリジナルバージョンをもとに、ニューヨークのスタジオで2組の共同作業により再構築したトラックとなる。

なお黒田は、8月9日から15日にかけて、JUJUのジャズライブのバンドマスターとしてブルーノート東京のステージに立つ。

黒田卓也 コメント
前回の「ライジング・サン」がクールでスタイリッシュなアルバムだとすれば、今回の「ジグザガー」は熱くうねりのある表現になっています。長年連れ添った最高のメンバーで一年間半かけてつくりあげました。前作同様に強いビートと三次元に動くメロディーとリズムのジグザグを是非楽しんでください。

黒田卓也「ジグザガー」収録曲
01. R.S.B.D02. ジグザガー03. アイ・ドント・リメンバー・ハウ・イット・ビガン04. ノー・サイン05. ドゥ・ゼイ・ノウ06. サーティーン07. リトル・ワーズ08. シンク・トゥワイス feat. アンティバラス09. アクターズ10. グッド・デイ・バッド・ハビット11. ジグザガー rework with cero(※ボーナストラック)

最終更新:7月12日(火)18時47分

音楽ナタリー

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。