ここから本文です

デーモン閣下、“歌”を語り尽くす著書「悪魔的歌唱論」

音楽ナタリー 7月12日(火)19時0分配信

デーモン閣下の著書「デーモン閣下 悪魔的歌唱論」が8月25日に刊行される。

これは、ヘヴィメタル、ハードロックのみならず、ポップス、歌謡曲など、さまざまなジャンルの楽曲を巧みに歌い上げる閣下が、“歌うこと”について徹底的に語り尽くした書籍。これまでのボーカリストとしての歩みを振り返りながら、歌唱テクニックやパフォーマンスの心得、コンディションの整え方、また「プロフェッショナルとは?」「エンタテインメントとは?」といったテーマを閣下独自の鋭い視点で語っている。巻末には、特別企画としてプロボイストレーナーによる閣下のボーカルスタイル研究論も収録される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

デーモン閣下「デーモン閣下 悪魔的歌唱論」目次
第1章 音楽への目覚め第2章 プロ・ヴォーカリストの仕事論第3章 悪魔のヴォーカル・テクニック第4章 世のヴォーカリストたちへ第5章 デーモン閣下のヴォーカル・スタイル分析

最終更新:7月12日(火)19時0分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。