ここから本文です

「Pokemon GO」で任天堂の株価がぐーんとあがった! 2日連続の年初来高値更新

ITmedia ビジネスオンライン 7月12日(火)16時54分配信

 任天堂(東証1部)の株価が「Pokemon GO」の米国人気を受けて好調だ。7月12日の株式市場では午前に一時前日終値を割ったが、午後に復調して大幅に値を上げ、2580円高(+12.73%)の2万2840円で大引けを迎えた。午後1時台には2万3045円を付け、年初来高値を2日連続で更新した。

【任天堂の株価情報をもっと見る】

 任天堂の株価は7月8日から上昇傾向にあり、11日に急騰し2万270円を付けて5カ月ぶりに年初来高値を更新したが、12日も引き続きの上昇となった。売買代金ランキングは、3088億円を超えて全市場中1位。12日終値ベースの時価総額は3兆2357億円と、3営業日で約1兆1300億円も増えた計算だ。

 任天堂の急上昇を受け、任天堂株を保有するDeNAや京都銀行も買われる展開になっている。

 任天堂株好調の原因であるスマートフォン向けゲーム「Pokemon GO」は、シリーズ初の位置情報ゲーム。米国ではサービス開始後すぐに爆発的な人気となり、アクティブユーザーがTwitterに迫るほどともいわれている。日本でのサービス開始時期はまだ正式に告知されていない。

最終更新:7月12日(火)16時54分

ITmedia ビジネスオンライン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]