ここから本文です

基板、シャシー実装が可能なDC-DCコンバーター

EDN Japan 7月12日(火)16時56分配信

■出力電圧精度はいずれも±0.5%

 バイコージャパンは2016年6月、最大600W出力の絶縁型DC-DCコンバーター「DCM」シリーズに、基板実装、シャシー実装対応が可能なパッケージ「VIA」(Vicor Integrated Adapter)を採用した「VIA DCM」を追加したと発表した。

 DCMシリーズは、同社独自のゼロ電圧スイッチング技術に、新たなパッケージ技術を合わせることで、大電力化、高効率性、小型化を可能にしている。従来のパッケージChiP(Converter housed in Package)を採用した「ChiP DCM」は、電力密度最大76W/cm3、VIA DCMでは最大19W/cm3を達成。出力電圧精度はいずれも±0.5%である。

 また、VIA DCMでは、ChiP DCMをベースに、リモートセンスやEMIフィルターを内蔵。2016年秋に発売予定の外部制御ICを使用すれば、出力を4個並列できるという。

 VIAパッケージのサイズは、85.9×35.6×9.4mmと95.3×35.6×9.4mmの2種類を用意。産業機器や半導体製造機器、サーバ、データ通信装置などに適しているという。

最終更新:7月12日(火)16時56分

EDN Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]