ここから本文です

阪神 メッセンジャー7回1失点、先制許すも粘投

デイリースポーツ 7月12日(火)19時5分配信

 「ヤクルト-阪神」(12日、長野オリンピックスタジアム)

 阪神の先発・メッセンジャーが7回1失点の好投で降板した。

 初回は、わずか5球で3人を片付ける順調な立ち上がり。しかし、二回は先頭・山田に左翼線への二塁打。続く雄平、バレンティンを凡退させるも、今浪に一、二塁間をしぶとく抜ける右前適時打を打たれ先制点を献上した。

 三回は2死三塁のピンチを招くも3番・川端を左飛に。七回は2死満塁から西浦を二ゴロに打ち取った。辛抱強く粘りの投球で相手打線に追加点を許さなかった。

 前回登板した5日の巨人戦では6回3失点で6敗目を喫していた助っ人。この日の長野での試合は、チームにとっても敗れれば前半戦最下位ターンが決まる大事な一戦。

最終更新:7月12日(火)22時8分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報