ここから本文です

複数のCIPを内蔵した32ビットMCUファミリー

EDN Japan 7月12日(火)16時56分配信

■スリープ電流500nA

 マイクロチップ・テクノロジーは2016年6月、CIPを採用した、32ビットPIC32マイクロコントローラ(MCU)「PIC32MM」ファミリーを発表した。コンシューマー、産業用制御、モーター制御機器などの組み込みアプリケーションに対応するという。

 PIC32MMは、同社の16ビットMCU「PIC24F XLP」ファミリーと、32ビットMCU「PIC32MX」ファミリーの中間に位置する製品となる。CPUの負荷を軽減し、消費電力とシステム設計コストを低減するCIP(コアから独立した周辺モジュール)を内蔵。MPLAB X IDEのプラグインである同社の「MPLAB Code Configurator」を使用すれば、MCUの周辺モジュールの設定、デバイスの設定、ピンの割り当てなどが容易に行える。

 スリープ電流は500nAで、構成可能なロジックセル(CLC)や多出力キャプチャーコンペアPWMなどのCIPを内蔵。センサーレスBLDCモーター制御回路を容易に設計できる。

 パッケージは、4×4mmの20ピンQFN、SSOP/28ピンuQFN、QFN、SOIC、SSOP、SPDIP/36ピンQFN/40ピンuQFNで提供される。内蔵フラッシュ容量は、16K/32K/64Kバイトから選択できる。同社は、Explorer16開発ボード(DM240001)向けのPIC32MMプロセッサプラグインモジュール(MA320020)も提供するとしている。

最終更新:7月12日(火)16時56分

EDN Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]