ここから本文です

リリース13準拠したIoT用セルラー無線モジュール

EDN Japan 7月12日(火)16時56分配信

■最大227kbpsのダウンリンクをサポート

 ユーブロックスは2016年6月、3GPPの「リリース13」に準拠しているNB-IoT(Narrow Band IoT:狭帯域IoT)用のセルラー無線モジュール「SARA-N2」を発表した。

 SARA-N2は、スマートビルディングやスマートシティーなどのアプリケーション用に設計されている。シングルセルの1次電池で10~20年間の動作が可能。同モジュールの16×26mmのLGAフォームファクターは、u-blox GSM、HSPA、CDMAモジュールからアップグレードでき、将来的な機能拡張にも対応するという。

 また、ライセンス認証を受けたオペレーターの周波数帯域幅において、安全なプライベート通信でサービス品質を保証し、最大227kビット/秒のダウンリンクと最大21kビット/秒のアップリンクをサポートする。3つのRF帯域幅を同時にサポートしており、世界のほとんどの地域を1個のモジュールでカバーできるとした。

 同社では、スマートメーターや駐車場のアプリケーションで、策定前のNB-IoT標準の商用試験を既に実施し始めている。NB-IoTは、超低消費電力で動作し、セルラー環境で1セルあたり最大15万台のデバイスをサポート。リンクバジェットがGPRSより20dB向上し、地下や屋内などの電波受信状態が悪い場所でも、優れた性能を提供するという。

 2016年第4四半期にサンプル出荷を開始し、量産は2017年前半を予定している。

最終更新:7月12日(火)16時56分

EDN Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]