ここから本文です

VR空間で描いた日本庭園がすごく風流 簡単そうに書いているけど……どうなってんだ?

ねとらぼ 7月12日(火)18時55分配信

 女性専用車両に関するインタビューで「私は特に、どこでもいいです」と答えたシーンがネットで拡散し、本人も知らぬところで有名となった関口愛美さん。タレントやYouTuberとして活動する現在、Twitterで公開したCGで注目を集めています。VRシステム「HTC Vive」を使い、VR空間に日本庭園を構築しているのですが……引き出し多いなこの人!

【どうやって描いているのかな?】

 使用したのはVRペイントツール「TiltBrush」。水色の線を軸に、池や岩、鯉などを書き足していき、「空飛ぶ日本庭園」を完成させました。最初の線にはあとからエフェクトを付け足し、水しぶきが跳ねる風流な滝に。見せ方もうまい。

 ほかにも、関口さんは自身のYouTubeチャンネルにて、四季の木々やペガサスといった「TiltBrush」作品を公開しています。「女性専用車両インタビューの女」「タレント」「YouTuber」の次は「VRアーティスト」になりそうな勢い。どんどん肩書が増えていく関口さんに注目です。

最終更新:7月12日(火)18時55分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]