ここから本文です

「Pokemon GO」の影響? 「キロをマイルに換算」Google検索数が急増

ITmedia ニュース 7月12日(火)19時22分配信

 スマートフォンゲーム「Pokemon GO」の影響で、キロをマイルに換算する「5km to miles」などのフレーズのGoogle検索数が米国で急増したと、米Business Insiderが報じている。同ゲームは距離を「メートル」で表記しており、それに慣れない米国人ユーザーが換算方法を検索しているようだ。

【検索数の推移】「Pokemon GO」登場直後から検索数が急増している

 Pokemon GOは、スマホの位置情報を活用し、現実世界でポケモンを捕まえるなどして遊べるゲーム。ポケモンと任天堂、米Niantic Labsが共同開発し、7月6日に米国などで先行公開した。

 同ゲームでは、手に入れたポケモンの卵をふ化させるために、2キロ、5キロ、10キロのいずれかの距離を実際に歩く必要がある。だが米国では、距離の表記にヤード・ポンド法が使われており、慣れないメートル法にユーザーが悪戦苦闘。キロをマイルに換算する「2km to miles」「5km to miles」「10km to miles」の検索数が急増しているという。

最終更新:7月12日(火)19時22分

ITmedia ニュース