ここから本文です

【F1】アロンソ 「ポイントに手が届くと思った」

ISM 7月12日(火)13時3分配信

 フェルナンド・アロンソは、滑りやすいコンディションの中、アビーで高速コースオフを喫するまで、イギリスGPでのポイント獲得は可能だと考えていた。

 9位からレースをスタートしたアロンソは、フェリペ・マッサの後ろの10位を走行中、コントロールを失ってグラベルに入り、バリアに軽く接触した。

 アロンソはサーキットに戻ることができたが、コースオフ後にポジションを落とし、最終的に13位でレースを終えた。

 アロンソは「12位と13位で終えた後、嬉しいことはあまりないよ」

 「スタート時の難しいコンディションでは、1周の間に全てを失う可能性があるから、戦略に沿ってできることをやるだけだった」

 「残念ながらピットストップでポジションを落としたから、検討する必要がある」

 「レース中、ポイントをいくつか獲得できると感じたポイントがあった。フェリペの後ろで懸命にプッシュしていた時にね。でも、オーバーテイクは難しすぎてできなかった。そして、アビーでコースオフした」と語った。

 それでもアロンソは、マクラーレンが中堅チームのライバルと戦える可能性に期待が持てたと述べている。

 「厳しいレースだったけれど、そう見えないかもしれないけれど、僕たちは今週末、進歩したと思う。今まで以上に競争力がついた」

 「レースではウィリアムズやフォースインディア、トロロッソと戦えたから、それは嬉しいニュースだよ」(情報提供:GP Update)

最終更新:7月12日(火)13時3分

ISM