ここから本文です

オリックス安達、日本ハム止め「自分たちが15連勝したい」 V打&好守連発

デイリースポーツ 7月12日(火)22時19分配信

 「オリックス4-3日本ハム」(12日、京セラドーム大阪)

 オリックスの安達了一内野手が攻守両方で活躍し、日本ハムの連勝を15で止めた。お立ち台では「自分たちが15連勝していきたい」と景気よく宣言した。

 3-3で迎えた七回、2死三塁で、1ボールから真ん中への速球に反応し、中前へ二遊間を破る適時打を放った。「必死で打ちましたね」と気持ちで放った一打だったと振り返った。

 それ以上に存在感を示したのが遊撃の守備だった。七回は1死一、二塁から大谷の速い打球を体を投げ出して止めて二塁へ送球。着実にアウトにした。九回も1死一、二塁で西川の打球を好捕。文字通り日本ハムの勢いを止めるプレーとなった。

 7回で148球を投げ3失点。粘って5勝目(8敗)を挙げた西も「感謝したい」と最敬礼の活躍ぶり。安達は「毎回打てなくて迷惑をかけていた。何とか今日、勝てて良かったです」とひと息つくと、ファインプレー連発の守備についても「必死でやりましたね」と振り返った。

 現在オリックスは最下位に沈んでいるが、安達は「これから自分たちが15連勝していきたいです」と誓い、ファンをわかせた。

最終更新:7月13日(水)20時22分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。