ここから本文です

指原莉乃 HKT4期生11人を初お披露目 8枚目シングルセンターは松岡はな

デイリースポーツ 7月12日(火)22時57分配信

 福岡を拠点に活動するアイドルグループ・HKT48の「夏のホールツアー2016~HKTがAKB48離脱?国民投票コンサート~」(ツアー2日目)が12日、福岡サンパレスホールで開催され、約2年半ぶりの新メンバーとなる4期生11人が初お披露目されたほか、8枚目のシングル発売が9月7日に決定。選抜の16人も発表され、センターには松岡はな(16)が抜てきされた。

【写真】原石ズラリ!HKT4期生

 前日(11日)、卒業公演を行った穴井千尋が2階席最前列の観客席でメンバーの活躍を見守るなか、全員参加による5曲目の「74億分の1の君へ」が終わった後だった。指原莉乃が「今日は実は紹介したいメンバーがいます」と切り出すと、会場は「ウォー」という歓声に包まれ、4期生11人がサプライズで登場。1人ずつ緊張の面持ちで自己紹介を行った。

 平均年齢は15・5歳。出身県は福岡、宮崎、佐賀の九州だけでなく、北海道、神奈川、大阪からも。指原が「今日は歌ってくれるんだよね。いっぱい練習してきましたか?頑張ってね!」と声をかけて送り出すと、4期生全員で「会いたかった」、「君のことが好きやけん」の2曲を初々しく披露した。

 ユニット曲では、松岡はなとともに、小田彩加、武田智加、地頭江音々の3人が「ガラスのI LOVE YOU」に挑み、会場からは早くも大歓声を浴びた。

 この日は、8枚目シングル発売と選抜メンバーもサプライズで発表され、初選抜には田中優香、井上由莉耶が選ばれ、本村碧唯が選抜復帰した。注目のセンターには、チームTIIの松岡はな(16)が大抜てきされた。シングル選抜2回目にして初のセンターに選ばれた松岡は発表の瞬間、泣き崩れ、「はなですか?どうしよう」と信じられない面持ちだったが、指原から感想を聞かれ「頑張ります!」と元気に答えた。

最終更新:7月13日(水)8時18分

デイリースポーツ

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。