ここから本文です

DeNA 宮崎は初回に死球受け退場、右ふくらはぎ打撲か

デイリースポーツ 7月12日(火)23時16分配信

 「DeNA6-5中日」(12日、横浜スタジアム)

 DeNAの宮崎敏郎内野手(27)が初回、大野から右ふくらはぎに死球を受けて退場した。

 病院には行かず、トレーナーの所見によると打撲の疑い。ラミレス監督は「病院に行く必要はないくらい。あすは分からないが、1日1日経過を見ていきたい」と説明した。

 宮崎は、「大丈夫です」と話し、松葉づえで患部を擁護しながら帰路についた。

最終更新:7月12日(火)23時21分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]