ここから本文です

back number、8・1配信シングル「黒い猫の歌」 新ビジュアル&ジャケ写公開

オリコン 7月12日(火)8時0分配信

 ロックバンド・back numberが、3DCGアニメ映画『ルドルフとイッパイアッテナ』(8月6日公開)の主題歌に起用された新曲「黒い猫の歌」を8月1日に配信シングルとして発売することが決定した。あわせてジャケット写真と新ビジュアルも公開された。

【動画】『ルドルフとイッパイアッテナ』特別映像

 映画は、1987年に刊行され世代を超えて愛され続けている斉藤洋氏の児童文学をアニメ化。『劇場版ポケットモンスター』シリーズの湯山邦彦監督、全米で人気を博した3DCGアニメ『パックワールド』の榊原幹典監督ら日本屈指のクリエイターが集結し、井上真央と鈴木亮平が声を担当する2匹の猫の感動の物語を描き出す。

 作詞作曲を手がけた清水依与吏(Vo/G)は「歌詞に猫という言葉は入っていませんが、旅をする生き物の代名詞としてタイトルに入れました」と説明。「“黒”という色をキーワードに、いろんな人に影響を受けて切磋琢磨したり、いろいろ探し続けていって、最終的にたどり着く場所っていうのは、『そうだそうだ最初からそうだった』と僕自身気づかされることが多いので、どの角度から頑張っている人も肯定できるものにできたんじゃないかなと思ってます」とコメントした。

 同曲は、今夜のニッポン放送『back numberのオールナイトニッポン』(毎週火曜 深1:00)でフルバージョンが初オンエアされる。

最終更新:7月12日(火)8時0分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。