ここから本文です

ゆず、永六輔さん作詞曲を新録配信「歌い継いでゆくと決意」

オリコン 7月12日(火)12時9分配信

 人気デュオ・ゆずが、7月25日に配信限定シングル「見上げてごらん夜の星を ~ぼくらのうた~」を発売することが明らかになった。

 同曲は、7日に肺炎で死去した永六輔さんが作詞、いずみたくさん作曲、坂本九さんが歌った1963年の名曲「見上げてごらん夜の星を」に、ゆずの北川悠仁が詩とメロディーを加筆し、新たにレコーディングしたもの。現在、日本生命CMソングとしてオンエアされている。

 配信ジャケット写真は、2人が正装して臨んだレコーディング時の写真に加え、原曲に敬意を表し、坂本さん、永さん、いずみさんの写真を並べたデザインとなっている。

 Facebookのオフィシャルページでは、レコーディンクのメイキング映像を編集した15秒の予告映像を公開中。

 ゆずは以下の追悼コメントを寄せた。

■ゆず 追悼コメント
このほど、アジアツアー先の香港で永六輔さんの訃報を聞きました。
偶然にも今年、僕たちは永六輔さんが作詞を手がけた名曲「見上げてごらん夜の星を」を新たにレコーディングしました。配信リリースやライブなど、いろいろな形で皆さんに楽曲を届けていくつもりです。
永六輔さんが遺した多くの文化的作品は、これからも色褪せません。
そのひとつの作品「見上げてごらん夜の星を」に、ゆずとして息吹を吹き込み、
これからの未来に向けて、歌い継いでゆくと決意しました。
永六輔さんが遺していただいた数々の名曲のように、
ぼくたちも活動を通して“ささやかな幸せ”をうたい続けます。
この度は謹んでお悔やみ申し上げますとともに、
心からご冥福をお祈りいたします。

ゆず

最終更新:7月12日(火)16時57分

オリコン