ここから本文です

波瑠演じる“異常な”刑事に原作者期待 注目ポイントは「まばたき」

オリコン 7月12日(火)17時0分配信

 女優・波瑠が主演する関西テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』(毎週火曜 10:00※初回のみ午後9時から)が、きょう12日よりスタート。第一話放送に先駆け、原作者・内藤了氏がコメントを寄せ「キャストの皆さんが美しく華やか(でも、濃い)なので、『そうきたか』とか、『ぎゃー』とか悶えつつ、萌える準備はできています。さあ来い! 楽しませてくれ! という感じです」と期待を寄せた。

【場面カット】“異常”な刑事・藤堂比奈子を演じる波瑠

 同ドラマは、内藤氏の『ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子』シリーズ(角川ホラー文庫)をもとに、警視庁刑事部捜査第一課に配属された新人刑事・藤堂比奈子が驚異的な記憶力、殺人犯への探求心を武器に、次々と起こる不可解な猟奇殺人事件の捜査に当たる。しかし実は彼女も心に闇を抱えており、さまざまな犯罪者との出会いにより彼女の運命も大きく動き出していく…という“猟奇犯罪ミステリー”。

 「人を殺す者と殺さない者の境界はどこにあるのか?」という疑問から刑事を志した、ある種“異常”な女性・比奈子を演じるにあたり、河西秀幸は「極力まばたきをしないでください」と波瑠にリクエスト。狂気をはらんだ比奈子の表情に、東海林泰久役・横山裕(関ジャニ∞)は「すごい怖い時があるんですよ。目とかも『コイツ何考えてんの?』って思う時があって。ゾッとする時はありますね」と驚いたというほど。

 1月期『お義父さんと呼ばせて』や4月期『僕のヤバイ妻』などチャレンジングな話題作が続く同枠。内藤氏は「波瑠さんが波瑠さんらしい比奈子を演じることで、原作を素材とした世界がもの凄く広がったと思っています。 アプローチの仕方は変わっても、テーマは同じです。ドラマと小説の違いを楽しんでいただきつつ、作り手の思いが伝わることを願っています」と呼びかけている。

最終更新:7月12日(火)17時0分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。