ここから本文です

大空で大冒険 アニメーション映画『コウノトリ大作戦!』11・3公開決定

オリコン 7月13日(水)6時0分配信

 『ファインディング・ニモ』など、ディズニー/ピクサーの大ヒットアニメーションを手がけてきたダグ・スウィートランド氏が監督を務めるアニメーション映画『STORKS』(原題)の邦題が『コウノトリ大作戦!』に決定し、11月3日より日本公開することがわかった。

 世界で最も有名な言い伝えである「赤ちゃんはコウノトリが運んでくる」という寓話は、昔の話。「コウノトリ宅配便社」は、昔のある事件をきっかけに、赤ちゃんのお届けを禁止し、小包の配達など、売上重視の経営策を採っていた。

 しかし、会社No.1の配達員であるコウノトリのジュニアは、思わぬ手違いから誕生した人間の赤ちゃんにメロメロになり、会社に内緒で赤ちゃんを人間界に届けることを決心する。

 ニコラス・ストーラー氏と共に指揮を執るスウィートランド氏は、『ファインディング・ニモ』をはじめ、『モンスターズ・インク』『カーズ』『トイ・ストーリー』など数々のディズニー/ピクサー作品を手掛けてきたアニメーター。2008年には初監督を務めた『マジシャン・プレスト』が、いきなり米アカデミー賞にノミネートされた経歴を持ち、本作では「赤ちゃんを運ぶ幸運のトリ」として世界中で愛されるコウノトリを主役に、大空を駆け巡る大冒険をスリル満点のアドベンチャーとして描きだす。

 解禁されたポスタービジュアルは「いくぜベイビー!」の掛け声のもと、かわいい赤ちゃんを口にくわえた、お人好しのコウノトリ“ジュニア”が大空を飛ぶ様子が描かれている。

 同時に公開された特報映像には、コウノトリ宅配便社に赤ちゃんを注文する少年ネイト、ジュニアと共に冒険に出る女の子のチューリップ、コウノトリ宅配便社の社長や、ジュニアたちの邪魔をするハトのトーディ、赤ちゃんにメロメロになるオオカミたちなど、個性豊かでユーモラスなキャラクターが数多く登場している。

■映画『コウノトリ大作戦!』特報
https://www.youtube.com/watch?v=Jsq1qRHv06U

最終更新:7月13日(水)6時0分

オリコン