ここから本文です

Acid Black Cherryのアルバムを映画化 『L-エル-』古川雄輝らが出演

オリコン 7月13日(水)12時0分配信

 俳優の古川雄輝が、ロックバンド・Janne Da Arcのボーカル・yasuのソロプロジェクト、Acid Black Cherryが昨年リリースした4枚目のアルバムを映画化した『L-エル-』(2016年秋公開)に出演していることが12日、わかった。主演の広瀬アリス演じるエルを生涯かけて愛し続ける男・オヴェスを演じる。

 原作は、愛を探し求め続けた1人の女性“エル”の孤独で壮絶な人生をつづった物語とAcid Black Cherryの音楽が絡み合うコンセプトアルバム『L-エル-』。『CDショップ大賞2016』の入賞作品に選出され、総計20万枚以上のセールスを記録し、昨秋には物語部分が書籍化され5刷されるなど、異例の展開をみせてきた。

 悲哀と波乱に満ちた人生を歩む、エルを愛し続ける男を演じる古川は、今回の企画について「とても斬新なアイデアだと思いました。このコンセプトブックを読んだ後にAcid Black Cherryさんの曲を聞くと、すんなり自分のイメージした『L-エル-』の世界に引き込まれ、役作りする過程で何度も聴きました」とコメント。

 「幼少期から老人まで演じる役柄をファンタジーの世界観でどう生きるか、主人公エルに対してのオヴェスの想いをどう表現するのかなどを考え、監督と現場で相談しながらじっくり時間をかけることができたので、とても楽しい撮影となりました。僕自身、CGが加わった映像を楽しみにしています」と完成を待ち望んでいる。

 そのほか、エルと同じキャバレーで働く親友・アンナ役に高橋メアリージュン、そのほか劇団青年役で平岡祐太、キャバレーオーナー役で前川泰之、パン屋の主人役で高畑裕太、エルの人生を左右するキーパーソンのリノ役で古畑星夏、弥尋(みひろ)、Mikako(FAKY)、田中要次、高橋ひとみらが出演する。

最終更新:7月13日(水)12時22分

オリコン