ここから本文です

ビヨンセ「暴力は平和を生まない」

BARKS 7月13日(水)20時11分配信

ビヨンセが、7月7日米テキサス州ダラスで開かれた、黒人男性射殺事件を抗議するデモの最中に狙撃された警官たちを追悼した。

◆ビヨンセ画像

彼女は土曜日(9日)、テキサス州の旗と亡くなった5人の警官の名前を映し出した白黒映像と共に、こんなメッセージをインスタグラムに掲載した。

「昨日、ダラスで不合理に命を奪われた警官たちのご冥福を祈ります。怪我をされたほかの7名が全快するよう祈っています。暴力が平和を生むことはありません。どの人の命も大切です。私たちはその解決策にならなくてはいけません」

「全ての人に、平和的に抗議するため集結する権利があります。ただし、これ以上不必要な暴力を引き起こすことなしにです。変化をもたらすために、私たちは、憎しみの前に愛を、暴力の前に平和を提示すべきです」

ビヨンセは、ダラスの事件が起きるきっかけとなった警官による黒人男性射殺事件が発生した際、「私たちみんなに、怒りとフラストレーションを行動に向ける力がある」とのメッセージを発していた。当然のこと、彼女が望んだのは警官への復讐ではない。

Ako Suzuki

最終更新:7月13日(水)20時11分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。