ここから本文です

ハリウッド・ヴァンパイアーズ、ジョー・ペリー不在もツアー続行

BARKS 7月13日(水)20時13分配信

日曜日(7月10日)、パフォーマンス中にジョー・ペリーが倒れ、その容態が心配されているが、アリス・クーパー率いるハリウッド・ヴァンパイアーズはこのままツアーを続行すると発表した。

◆ハリウッド・ヴァンパイアーズ画像

ペリーが倒れ、病院へ搬送された後もパフォーマンスを続けた彼らは、公演後「ジョー・ペリーは容態が安定し、休養している。彼のブラザー、ヴァンパイアーズとファンは彼の速やかな回復を祈っている」とツィート。

翌日予定されていたTV出演はキャンセルしたが、アリスは「ヴァンパイアーズ! 確定した-明日(12日)の夜、オハイオで会おう & 残りの日程もだ! ジョーを支援してくれてありがとう!」と、ツアーを続行するとつぶやいた。

ペリーは米コニーアイランドで開いた公演で2曲目を演奏中、かなり具合が悪そうで、ドラムライザーに腰かけギターをプレイしようとしたがままならず、ふらついた足取りでステージを去った。その後、倒れ、病院へ搬送されたといわれている。

アリスいわく「彼は(ショウが)始まる前からすごく具合が悪かった」そうだ。バンドはこの公演前、ペリーが「コニーアイランドでプレイする。来てくれ」と話す映像をTwitterで公開していたが、確かに元気がないように見える。倒れた原因についてはまだ正式発表はない。

お大事に。

Ako Suzuki

最終更新:7月13日(水)20時13分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。